原料植物の生育条件


抽出に用いられた原料植物の生育条件(栽培方法など)を表示します。

 

  • 野生 Wild:まったく人の手がかかっていない自生している植物
  • 準野生 Semi-wild:野生株を農園に移植して生育したもの
  • オーガニック栽培 Organic:2-3年以上、無農薬無化学肥料で経過した土壌で、無農薬無化学肥料栽培で栽培されたもの。ただし、使用が認められている天然物系農薬もある。通常、オーガニック認証団体の認証を取得している。
  • 合理的(特別)栽培 Integrated:化学合成農薬と化学肥料の使用を極力控えた減農薬、減化学肥料栽培のもの。通常、公的な認証を取得している。
  •  栽培 Conventional:通常の栽培。オーガニックあるいは合理的栽培をしていても、認証を得るためにかかる経済的負担の重さなどの理由から公的な認証を取得していないものも含む。