ニアウリ Melaleuca quinquenervia SD/DO leafy branches


抽出部位:葉の付いた枝

特性成分:1,8-シネオール、α-ピネン、α-テルピネオールなど

 

ユーカリ(ラジアタ種やグローブルス種)に似た 1,8-シネオールのさわやかな香りのなかに、独特の芳香を有するエッセンシャルオイルです。耳鼻咽喉領域、呼吸器系のトラブル(風邪、悪寒、耳炎)、口唇ヘルペスなどによく用いられます。

 

  • 抗感染作用があります。
  • 去痰作用があります。
  • 抗けいれん作用があります(特に気管支炎やぜんそく発作の予防に有効。植物油で希釈して用います) 。
  • 痛みを鎮めます。
ニアウリ

正しい使用法


皮膚塗布が最も適しています。芳香浴に用いても有害ではありませんが、香りの面から薦められません。

   飲   用   皮膚塗布   芳 香 浴 
 大  人  ★★ ★★★ ×
 子  供 ★★★ ×
★★★ =最適です
★★ =適しています 
=可能ですがすすめられません
× =適していません

<風邪>

ニアウリ2滴、ユーカリラジアタ2滴、ラヴィンサラ2滴を原液のまま首、背中、腕に塗ります。肌の弱い方や子供は植物油を加えて塗ります。

 

<痰を伴う咳>

ニアウリ2滴、ユーカリグローブルス2滴、ラヴィンサラ2滴を胸に塗ります。

 

<口唇ヘルペス>

ニアウリ1滴、ラヴィンサラ1滴を塗ります。

 

<耳炎>

ニアウリ1滴、ラヴィンサラ1滴、ローズマリー・シネオール1滴を原液のまま耳の周囲に塗ります。併せて、真正ラベンダー1 滴を脱脂綿に垂らして耳の入り口に詰めると痛みを鎮めます。

 

<ぜんそくの予防に>

ニアウリ(皮膚の敏感な方はスイートアーモンド油などで希釈します)を背中(上部)に、真正ラベンダーをみぞおちに擦り込みます。必ず主治医の指導の下で行ってください。