第2回 ラベンダー Lavandula angustifolia

最も基本的な精油で用途が広くて使いやすく、優しい香りに癒されます。

ラベンダーの写真
ラベンダー

■学名:Lavandula angustifolia / Lavandula officinalis

■科名:シソ科

■抽出部位:花

■抽出方法:水蒸気蒸留法

■特性成分:

リナリル・アセテート(エステル類)35~45%

リナロール(モノテルペン・アルコール類)25~30%

ラバンジュリル・アセテート(エステル類)4~6%

クマリン(クマリン類)痕跡量 など

 

 

■特徴

アロマテラピーにおいてラベンダー(真正ラベンダー)は最も基本的な精油で、その用途は多岐にわたります。原液のまま使うことのできる数少ない精油の一つで、毒性がなく、他の精油とも相性がよくてブレンドしやすいのが特徴です。

 

ラベンダーが配合されたブレンドオイルの香りを嗅ぐだけで、存在感がありながら、決して他を押し退け、出しゃばるようなことはせず、他の精油の個性を引き立てつつ調和をつくり上げるという離れ業ができる、まさに例外的な資質を持っています。

皮膚に塗るためのローション、マッサージオイル、あるいは芳香浴用ブレンドオイルを調合しているとき、香りをかいでいまひとつまとまらない……、と感じたときにラベンダーを少し加えると見事に調和します。

 

皮膚塗布、芳香浴に使うあらゆるブレンドに対して、ラベンダーを加えてはダメというものはありません。もちろん、植物油(スイートアーモンド油と相性がいいです)を加えて使用することもできます。

 

ただし、一般に言われているのとは逆に、ラベンダーの飲用は勧められません。飲用しても毒ではありませんが、その効果のほとんどが失われてしまうからです。この精油は皮膚から吸収させるのが最も適しています。また、ディフューザー(芳香拡散器)を使用した芳香浴にも適しています。

 

ラベンダーの主要成分であるエステル類と、微量でも作用特性を左右する決定的な影響力を持つクマリンの相乗作用によって、ラベンダーにはとりわけ優れた抗痙攣作用があります。心身の緊張をほぐし、アンバランスをリセットし、ゆったりとした気分に導いてくれます。

 

ラベンダーの構成成分自体には催眠作用のある物質は含まれていませんが、寝付きの良さが健康な精神状態のバロメーターであるように、例えば、家庭環境の問題が引き金となってストレス状態にある子供の緊張を強いられた精神心理面の「凝り」をほぐし、穏やかな眠りに導く働きがあります。特に、何らかの理由で母性愛の欠乏症に陥り、睡眠のトラブル(寝付きや寝起きが悪い、あるいは睡眠中にうなされる等)を生じるに至った思春期以前の子供の愛情の渇きを癒し、病状を改善するのに優れた効果を発揮します。

 

ラベンダーを数滴、太陽神経叢(みぞおち)や足の裏にゆっくりとマッサージしながら塗り込めば心身に安らぎを与えます。全く毒性のないことから、スイートアーモンド油を加えて背骨に沿ってマッサージするという方法なら、子供はもちろん、乳児にも使うことができます(ベビーマッサージには精油の濃度を1%以下にします)。

 

ラベンダーには微量のクマリンと少量のケトン類が含まれているため、傷の治りを促す作用(瘢痕形成作用)と抗炎症作用があり、皮膚のさまざまトラブルによく効きます。一般的な皮膚炎、アレルギー性の皮膚炎、火傷、掻痒症、潰瘍、切り傷や打撲などの外傷に有効です。また、切り傷や火傷の際には、極めて優れた鎮痛作用を発揮し、皮膚に跡を残すことなく治癒させます。

さらに、この精油は皮膚細胞にほとんど刺激を与えないので、軽い火傷には原液のまま塗ることができます(深く、広範囲に及ぶ火傷は専門家による治療が早急に必要です)。

 

また、抗凝血作用があるので、血液循環障害のケアにも用いることができます。ラベンダーとヘリクリサム、ローズマリー・シネオールをブレンドすれば、血腫(打撲によるアザ)に対して素晴らしい効果のあるブレンドオイルになります。

 

原因のわからない、いわゆる神経痛とも言われるような四肢の末梢の痛みや痺れ(末梢神経障害)には、プチグレン(ビターオレンジ・リーブス)とローマンカモミールをブレンドして用いると有効な場合があります。帯状疱疹後の神経痛にはラヴィンサラとブレンドします。

 

ラベンダーの持つ鎮静作用は、呼吸器系の症状、特に不安神経症など極度の精神的緊張に起因する喘息発作に対する予期不安に効果的です。発作の不安で高ぶった神経を鎮め、呼吸を楽にします。この場合、ラヴィンサラとブレンドして用います。

 

昔から万能薬と評判のハーブで、何を使ったらよいのかわからないときにはラベンダーを使えと言い伝えられてきました。やさしい花の香りが疲れた心身を癒し、ストレスから開放してくれます。2~3滴を手に取り、少量のスイートアーモンド油を加えて首筋や肩、みぞおちに塗り、最後に足の裏に塗りながらマッサージを行うとリラックスしてよく眠れます。

 

子供の睡眠障害のケアにも適しています。 また、スキンケアにも肌質を選ばず使うことができます。皮膚のあらゆるトラブルに有効で、特にアレルギー性皮膚炎に適しています。

 

■主な作用

・心身のバランスが悪い状態を改善します。

・気持ちを落ち着かせ、心と体をリラックスさせます。

・切り傷や火傷、湿疹等の痛みや炎症を鎮め、治癒を促します。

・筋肉の緊張や凝りをほぐしてリラックスさせます。

・痛みを鎮めます。

 

■備考

ラベンダーの精油に含まれる主成分は、アルコール類のリナロールとエステル類のリナリル・アセテート、ラバンジュリル・アセテートなどですが、忘れてはならない成分にクマリンがあります。 クマリンはごく微量にしか含まれていませんが、血液の粘度を下げる働き等があり、ラベンダーの精油に欠かせない成分です。 水蒸気蒸留する際には、クマリンが微量含まれるように低い温度と圧力で丁寧に蒸留する必要があります。 

 

アロマテラピーに用いることのできる品質のよい精油を得るためには、デリケートな蒸留技術が要求されます。

 

ラベンダーのセルフケアは こちら です。