ユーカリグローブルス Eucalyptus globulus SD/DO leaves


抽出部位:葉

天然特性成分:1,8-シネオール、α-ピネン、グロブロールなど

 

Eucalyptus radiata (ユーカリラジアタ)と同様に、1,8-シネオール(別名ユーカリプトール)を多く含むタイプのユーカリで、ユーカリラジアタよりもパワフルな香りが特徴です。主に下気道(気管支-肺領域)のトラブルに用いられます。

 

  • 免疫力を高めます。
  • 身体に活力を与えます。
  • 肺のガス交換を活発にします。
  • 下気道のうっ血、うっ滞を改善します。
  • 痰を切り、咳を鎮めます。
ユーカリ・グローブルス

正しい使用法


このエッセンシャルオイルの香りを直接大量に吸い込むとむせることがあります。皮膚塗布する場合は、ユーカリラジアタを胸に塗るのに対し、ユーカリグローブルスはみぞおち(横隔膜に沿って)や背中に塗ります。胸に塗ったり、芳香浴を行う場合は他のエッセンシャルオイルとブレンドします。

   飲   用   皮膚塗布   芳 香 浴 
 大 人 ★★★ ★(少量使用)
 子 供 ★★★ ★(少量使用)
★★★ =最適です
★★ =適しています 
=可能ですがすすめられません
× =適していません

 <気管支の不調や風邪>

ユーカリグローブルス5滴、ラヴィンサラ10滴、ローズマリー・シネオール10滴を20mlのヘーゼルナッツ油に加えます。数滴を手に取り、朝晩、みぞおち(横隔膜に沿って)と背中に擦り込みます。

 

<痰の切れない咳>

ユーカリグローブルス5滴、ラヴィンサラ10滴、サイプレス10滴を20mlのヘーゼルナッツ油に加えます。数滴を手に取り、1日2回から必要に応じて4回位まで、みぞおち(横隔膜に沿って)と背中に擦り込みます。

 

<気管支炎の予防>

スパイクラベンダー1滴、ユーカリグローブルス1滴、ローズマリー・シネオール1滴を原液のまま、あるいは植物油を加えて胸部に塗ります。併せて、シベリアモミ、ユーカリラジアタを1:2の割合でブレンドして芳香浴を行うとより効果的です。

 

<大人の気管支炎>*大人のみ

タイム・チモール1滴、ユーカリグローブルス1滴、ローズマリー・シネオール1滴をティースプーン1杯の蜂蜜または角砂糖に垂らして1日3~5回飲みます。

 

<喫煙による痰や咳>*大人のみ

ユーカリグローブルス、ローズマリー・シネオールを1:2の割合でブレンドして吸入を行います。併せて、ユーカリグローブルス、ローズマリー・シネオールを1:2の割合でブレンドして原液のまま、あるいは植物油に加えて胸に塗ります。

備考


主に上気道(耳鼻咽喉領域)のトラブルにはユーカリラジアタ Eucalyptus radiata、下気道(気管支-肺領

域)にはユーカリグローブルス Eucalyptus globulus が用いられます。風邪など両領域のトラブルには両方のエッセンシャルオイルが用いられますが、乳幼児には刺激の少ないユーカリラジアタのほうが扱いやすいです。

このエッセンシャルオイルは精製されている場合が少なくありません。精製されたエッセンシャルオイルは、アロマテラピーに有用な成分が除去されてしまうので、アロマテラピーには使うことができません。