ユーカリラジアタ Eucalyptus radiata SD/DO leaves


抽出部位:葉

天然特性成分:1,8-シネオール、リモネン、α-テルピネオールなど

 

ユーカリにはとても多くの種があります。ただし、アロマテラピー用エッセンシャオイルの原料になる種は限られています。その中でも一番汎用性が広いのが、ユーカリラジアタです。1,8-シネオール(別名ユーカリプトール)が多く含まれるタイプのユーカリで、とてもさわやかな香りと使い心地です。

 

ユーカリラジアタは、主に上気道(耳鼻咽頭領域)のトラブルに用いられるエッセンシャルオイルで

す。

  • 上気道のうっ滞、うっ血を改善します。
  • 痰を切り、咳を鎮めます。
  • 痛みを鎮めます。
  • 耳鼻咽喉腔の排液を促します。
ユーカリ・ラジアタ

正しい使用法

皮膚に塗るのとディフューザー(芳香拡散器)で芳香浴を行うのが最も適した使用法です。 風邪で喉が痛いときや咳が出るとき、花粉症などで鼻が詰まるときには、熱湯を入れたボウルやマグカップにユーカリラジアタを 1~2 滴垂らし、立ち上る湯気を吸入します。 

   飲   用   皮膚塗布   芳 香 浴 
 大  人  ★★★ ★★★
 子  供 ★★★ ★★★
★★★ =最適です
★★ =適しています 
=可能ですがすすめられません
× =適していません

<風邪の予防と花粉による不快感>

ユーカリラジアタ50滴、レモン30滴、ローズマリー・シネオール20滴、ペパーミント5滴をブレンドします。ディフューザー(芳香拡散器)に入れ、芳香浴を行います。

 

<咳・痰、風邪の初期>

ラヴィンサラ2滴、ユーカリラジアタ1滴、ローズマリー・シネオール1滴をブレンドして胸に擦り込みます。併せて、ユーカリラジアタ1滴、ローズマリー・シネオール1滴をお湯を入れたボウルに垂らして吸入を行うとより効果的です。

 

<風邪>

ニアウリ2滴、ユーカリラジアタ2滴、ラヴィンサラ2滴を原液のまま首、背中、腕に塗ります。肌の弱い方や子供は植物油を加えて塗ります。

 

<気管支炎の予防>

スパイクラベンダー2 滴、ユーカリグローブルス 2 滴、ローズマリー・シネオール 2 滴を原液のまま、あるいは植物油を加えて胸部に塗ります。併せて、シベリアモミ、ユーカリラジアタを 1:2の割合でブレンドして芳香浴を行うとより効果的です。

 

<子供の気管支炎>

シベリアモミ、ユーカリラジアタ、ローズマリー・シネオールで芳香浴を行います(基本は 1:1:1の割合でブレンドしますが、お好みに合わせて比率を調整してください)。併せて、ローズマリー・シネオール1滴、レモン1滴をティースプーン 1 杯の蜂蜜または角砂糖に垂らして飲む(1日3~4回)とより効果的です。

 

<鼻炎>

スパイクラベンダー、ユーカリラジアタ、ローズマリー・シネオールを1:2:2の割合でブレンドして吸入を行います。併せて、ラヴィンサラ1滴、ローズマリー・シネオール1滴をティースプーン 1 杯の蜂蜜または角砂糖に垂らして1日2~3回飲むとより効果的です。

 

<花粉症>

ティーツリー1~2滴をティースプーン 1 杯の蜂蜜または角砂糖に垂らして1日1~4回飲みます。

併せて、ティーツリーとユーカリラジアタを1:3の割合にブレンドして吸入を行うとより効果的です。

備考

ユーカリには性質の異なる多くの種がありますから、単に「ユーカリ」と表示してあるエッセンシャルオイルを使うのは危険です。また、ユーカリラジアタとよく似たエッセンシャルオイルに、ユーカリグローブルス Eucalyptus

globulus があり、しばしば混同されて使われています。しかし、その作用特性は異なるので使い分けが必要です。

ユーカリラジアタは主に耳鼻咽喉領域、つまり上気道のトラブルに、ユーカリグローブルスは主に気管支肺などの下気道のトラブルに用いられます。