ウインターグリーン Gaultheria procumbens SD/DO leaves


抽出部位:葉

天然特性成分:メチル・サリシレートなど

 

メチル・サリシレート(サリチル酸メチル)の香りが特徴的なエッセンシャルオイルです。スポーツ選手に愛用されているエッセンシャルオイルで筋肉や腱などのダメージに使用されます。

 

  • 優れた抗炎症作用があります。
  • 鎮痛作用があります。
ウインターグリーン

正しい使用法

皮膚塗布のみに用います。原液のまま使用すると皮膚の敏感な部分を刺激しますし、また、香りもきつく感じます。植物油で希釈したほうが皮膚に対する刺激が少なくなり、作用も効果的に働きます。 

   飲   用   皮膚塗布   芳 香 浴 
 大  人  × ★★★ ×
 子  供 × ★★ ×
★★★ =最適です
★★ =適しています 
=可能ですがすすめられません
× =適していません

<頭痛>*大人のみ

ペパーミント2滴、ウインターグリーン1滴をこめかみと額に塗ります(目やその周囲にエッセンシャルオイルが付着しないように注意してください)。併せて、バジル1滴、ペパーミント1滴、ローズマリー・シネオール1滴をティースプーン 1 杯の蜂蜜または角砂糖に垂らして飲みます。

※片頭痛などを除く、医療機関の受診を必要としない軽いものに限ります。

 

<痔>

ラバンジン3滴、サイプレス2滴、ウインターグリーン1滴を小さじ半分の植物油(ヘーゼルナッツ油等)に混ぜて患部に塗ります。

 

<生理痛>*大人のみ

バジル1滴、ローズマリー・シネオール1滴をティースプーン1杯の蜂蜜または角砂糖に垂らし、必要に応じて飲みます。併せて、ウインターグリーン1滴、スパイクラベンダー1滴、ユーカリシトリオドラ1滴をそのまま、あるいは少量の植物油(スイートアーモンド油等)を加えて下腹部に塗るとより効果的です。

 

<筋肉痛>

スパイクラベンダー3滴、ラヴィンサラ3滴、ウインターグリーン2滴を少量のヘーゼルナッツ油に加えてマッサージを行います。

 

<こむら返り(予防とケア)>

ウインターグリーン10滴、ラバンジン10滴、ローズマリー・シネオール10滴を15mlのヘーゼルナッツ油に加えて軽くマッサージを行います。数滴を手に取り、軽くマッサージを行います。

 

<捻挫>

ウインターグリーン2滴、ラバンジン2滴、ローズマリー・シネオール2滴を原液のまま、あるいは少量の植物油を加えて塗ります。

 

<関節痛・リウマチ痛>

ウインターグリーン20滴、ローズマリー・シネオール20滴、ローリエ10滴を30mlの植物油に加えて痛む部位に擦り込みます。

 

<虫刺され>

ウインターグリーン1滴、セイロンシトロネラ1滴を塗ります。

備考

合成のメチル・サリシレート(サリチル酸メチル)で調整されているエッセンシャルオイルもあるので注意が必要です。