野生ラベンダー Lavandula vera / Lavandula angustifolia SD/DO flowers


抽出部位:花

特性成分:リナリル・アセテート、リナロール、ラバンジュリル・アセテートなど

 

フランスはプロヴァンスに昔から伝わるラベンダーの効果は野生ラベンダーのもので、その長い歴史からみれば、栽培されるようになったのはごく最近のことです。

 

野生と栽培の違いは分析による数字には現われてこない、その香りや使い心地ではっきりと違いがわかる、我々の感覚に訴えてくる「野生の植物が持つ生命力」としか言いようのないインパクトの強さ、深さにあります。すべての面で野生のほうが優れているのは言うまでもありません。

 

医療としてのアロマテラピーの歴史があるフランスでは、今日でもストレスケアやうつ病などの精神心理面の治療、アレルギー性皮膚炎、あるいは体質改善を目的としたホリスティックな治療には野生ラベンダーが使用されることもあります。

 

野生ラベンダーは年々生息圏が減少しており、今日では入手が大変困難です。稀少で高価なエッセンシャルオイルですが、利用価値の高い優れた特性は世界中の治療家に支持されています。

 

作用特性や使用法は真正ラベンダーと同じです。ここぞという時に真正ラベンダーに替えて使うエッセンシャルオイルです。

 

  • 心身のバランスが悪い状態を改善します。
  • 気持ちを落ち着かせ、心と体をリラックスさせます。
  • 切り傷や火傷、湿疹等の痛みや炎症を鎮め、治癒を促します。
  • 筋肉の緊張や凝りをほぐしてリラックスさせます。
  • 痛みを鎮めます。
野生ラベンダー

正しい使用法

皮膚に塗るのが最も適しており、心身をリラックスさせるマッサージによく用いられます。原液のまま使うことのできる数少ないエッセンシャルオイルの一つです(もちろん植物油で希釈して使用することもできます)。飲用しても毒ではありませんが、その効果のほとんどは失われてしまいます。

   飲   用   皮膚塗布   芳 香 浴 
 大  人  ★★★ ★★
 子  供 ★★★ ★★
★★★ =最適です
★★ =適しています 
=可能ですがすすめられません
× =適していません

<ストレス、過度の緊張>

野生ラベンダーを1滴、手首に擦り込みます。就寝前には1-2滴、みぞおちに擦り込みます。

 

<アレルギー性皮膚炎の炎症とかゆみ>

野生ラベンダー3-4滴をお風呂に入れ、よくかき混ぜて入浴します。少量の粗塩に混ぜてから浴槽に入れてもいいでしょう(ただし、水とエッセンシャルオイルは混ざりませんが、皮膚に刺激のあるエッセンシャルオイルではないので)。

 

<敏感肌のスキンケア>

ローマンカモミール1滴、野生ラベンダー2滴を15mlのスイートアーモンド油に加えます。数滴を手に取り、朝晩軽くマッサージを行います。